家づくりについてhouse

ゼロエネルギー住宅

近未来の住宅標準性能を現したこのフレーズ。これから家を建てようという方には是非知っておいてもらいたいことなのです。経済産業省による「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の定義があります。

「建築物における一次エネルギー消費量を、建築物・設備の省エネ性能の向上、エネルギーの面的利用オンサイトでの再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる物」

難しい文面ですね~。わかりにくい言葉をご説明します!

●一次エネルギーとは?

一次エネルギーとは自然の中にある資源の事。石油・天然ガス・太陽光・太陽熱・水力・風力 等です。このようなエネルギーを使いやすい形に変えたのが電気・ガス・灯油・ガソリンなどで、二次エネルギーと言われます。実際に削減されるのはこの部分ですが、「二次エネルギーが削減されれば一次エネルギーの削減につながった」ということになります。

●エネルギーの面的利用

面的利用とは一軒のお宅だけでなく、近隣の住宅を繋げて複数のお宅でエネルギー消費を管理して利用しようというもの。効率を良くしようという事ですね。

●オンサイトとは?

オンサイトとは「その場で」という意味。太陽光発電など再生可能エネルギーを自宅で使用して発電することで、光熱費を抑えようということです。

●“ネット”と聞くと?

“ネット”と聞くと「インターネットのこと?」と思われませんか。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのネットは「正味」という意味。よくお菓子の中身のグラム数を表記する時“NET”と書かれていませんか?これは「包装を含まない重さ」のことなんです。なのでこの場合は「実際に消費したエネルギー」が「ゼロ」という意味です。

つまり、簡単に要約すると…

「住宅の断熱性などの基本性能を高め電力消費を抑え、さらに太陽光発電などで電気を創りだして、家庭の光熱費をおおむね差し引き“ゼロ”に出来る住宅」

ということになるのです!

図の中に“省エネ”と“創エネ”という言葉がでてきます。この二つが重要な Point なのです。

Point.1 省エネ

「断熱・気密性能・通風採光性を高め、室内温度を快適に保つことで、エアコンの稼働頻度を低減。また、最新省エネ機器などを導入し無駄なエネルギー消費を抑える」

このポイントが住宅の性能という部分に当たります。EXCEEDの住宅は全棟「高断熱・高気密設計」2020年の住性能を先取りしています。

Point.2 創エネ

「自然エネルギーを利用する環境負荷が低い太陽光発電システムなどの創エネ装置でエネルギーをつくります。」

どんなに省エネ性能を高めても限界がありますし、生活していればどうしたってエネルギーは消費します。そこで、創エネを考えなければいけないのです。EXCEEDの太陽光システムは高性能なものをご用意しております。

このPoint二つがあって初めて「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」は完成します。「自然環境は大切にしたい」でも「快適な生活も維持したい」この二つを両立する為に必要不可欠なものですよね。経済性にも優れ、環境保全にも貢献できる未来の住宅なのです。しかし実現するには資金という問題があります。

導入コストの問題

●導入コスト

たしかに初期投資が必要です。建築費を押し上げる要因になります。 しかし、現在の高効率の発電システムでは余った電力の売電によって収入が期待できます。 一般住宅の光熱費に比べて最終的にお得になる場合があるのです!

●補助金の存在

このような先進的住宅への将来的な投資として、様々な公的機関で補助金制度があります。積極的に活用すれば導入コストを下げることが可能です。これから何十年も住むことになるお家です、将来的な展望が大切だと私達は考えています。 「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」をお勧めするのもその為です。「お客様といっしょに家づくりを考える」これがEXCEEDのモットーです。

 

※「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の対象になるのは住宅の冷暖房、給湯、換気、照明に必要なエネルギー消費量です。その他の家電などの消費は含まれません。

※太陽光システムや他の創エネシステムについては、それぞれに補助金がつきます。国や自治体によってもちがうのですが、様々なものを組み合わせる場合、複数の補助金を活用することになります。ご興味のある方は経済産業省資源エネルギー庁ゼロ・エネルギー化推進室のホームページなど、いろんな情報をチェックしてみてください!

太陽光発電システムへ ≫